葬式を安い費用で行う方法を説明します

お葬式を出来るだけ安い費用で済ませたいと考える人は増加傾向にあります。しかし簡素な葬儀で十分な供養が出来るだろうかという不安や、親族や周りの目が気になってなかなか実行出来ないケースもあります。料金の問題ばかりではありません。超高齢化社会となり、ご高齢の方が亡くなった場合、葬儀に参列される方もあまり集められず、寂しいお葬式になるよりはと家族だけの葬儀を選ぶこともあります。葬儀やお墓の問題は、今急激な変化を迎えています。簡素で安い葬儀のニーズが高まっていることで、どんどん新しい形態が生まれています。家族が亡くなった場合に葬儀をしてやれないからと放置し、犯罪者になってしまう悲劇を抑えるためにも格安でできる葬儀について押さえておくことは重要なことです。

直葬という方法について知っておこう

直葬とは病院や自宅などの亡くなった場所から直接荼毘に付す葬儀屋にご遺体を運び入れ、通夜や告別式を行わずに火葬する方法です。死後24時間以上経過しないと火葬を行うことは出来ないので、それまでは安置所に置かれることになります。一度ご自宅に搬送し最期の時を惜しむ時間を持つことが出来る形式もあります。ほとんどの場合15万円~20万円以下で葬式を行うことが出来るため、非常に安い費用が人気を集めています。実際に直葬を選択する人の数は確実に増えています。火葬する場所に僧侶を呼んでお経をあげてもらうサービスも増えています。5万円~6万円ほどの費用(お布施)で利用出来ます。直葬を扱っている葬儀屋は増えています。全国展開の葬儀社であれば全国一律の費用で格安に利用することが出来ます。

「一日葬」という新しい葬儀の形式

直葬はあまりにも簡素だと考えた場合、次の選択肢としては家族葬がありました。一般の形式の葬儀を家族だけの手によって行うものです。しかし最近では一日葬という新しい形式が出てきています。家族だけで行う葬式のうち通夜を省いて、告別式と火葬を1日で行おうと言うものです。長くご遺体を安置する必要がなくなるため仮置き場の利用費やドライアイス代などを抑えることが出来ます。費用は直葬と家族葬の中間くらいとなり30万円~40万円ほどと考えれば良いでしょう。直葬よりはゆっくりお別れの時間がとれるため人気が出てきています。しかし仏式の葬儀は通夜を行う事も大事な段取りなので、菩提寺をお持ちの方などではこの方式に馴染まない方もいらっしゃいます。無宗教の方やお寺との関係が深くない方には大変喜ばれています。

年間施行件数2万件は業界3位に匹敵するシェアを獲得。 利用頂いた方の声をHPにて公開しているため、生の声を見ることができます。 葬儀費用を抑えたい、故人がご高齢、宗教色のない葬儀を行いたいなどお客様のご意向に沿った家族葬です。 34万3千円の「小さな一日葬」。通夜式を行いません。 お葬式は「小さくていい」というお客様のニーズに合って、急成長ができた。安い・安心と共に葬式のサポートいたします。